TOP世界遺産白神山地白神探検隊見どころ壁紙・ポッドキャスト周辺ガイド交通アクセスリンク
入山手続き

核心地域現地状況

 白神山地の核心地域(コアエリア)指定ルートへ入山するためには入山手続きが必要となりますが、手続きをする前に核心地域の状況を十分理解する必要があります。

白神山地世界遺産地域の核心地域(コアエリア)は、すべて国有林野で、入山する場合は、森林管理署等へ入林許可申請・届出が必要です。

白神山地世界遺産地域 核心地域への入山手続き
 白神山地の核心地域には、所定の方法により手続きをしなければ入山することはできません!
あらかじめ所定の機関にて入山手続きを行ってから入山してください。
注)秋田県側の核心地域は、原則入山できません!学術研究など登山以外の公共的な行為を目的とする場合に限り入山できます。
  • 登山者の皆さんへ!

  •  指定ルートは、あらゆる場面において、自らの責任で安全を確保できる登山者だけが入山できる箇所で、一般の登山者向けのコースではありません!
     下記事項に十分留意し、事故や遭難のないように注意して入山してください!

標識等はありません。遭難に注意!!携帯電話は使用できません!!雪崩や落石に注意!!

 核心地域は、次世代に貴重な自然環境を引き継ぐため、人手を加えないこととしており、歩道の整備は行っておりません。道標や案内版もありません。相当危険な箇所もありますので、入山者は自分の技量を十分に考慮し、危ないと感じたら速やかに安全に引き返してください。
 白神山地は地形が急峻で、絶えず崩壊等が発生しており、指定ルートにおいても融雪や豪雨のため落石や崩壊が発生している可能性があります。このため常に気象等の情報収集に努め、気象や現地の状況によっては速やかに引き返す心構えが必要です。
 指定ルート内では携帯電話等はほとんど使用不可能です。また遭難した場合でもヘリコプターによる救助が困難な場所です。
 指定ルートに入山するにはキャンプの装備、沢登りの技術、落石の危険性や地形図の判読能力、万が一事故が発生した場合のセルフレスキュー技術など、登山に関する高度な知識、経験、技術、体力、装備が必要となります。
Copyrights (c) 2008 THE TOHOKU REGIONAL OFFICE All Rights Reserved.